新宿御苑2010 季節の花と庭園に暮らす生き物

Photo EXHIBITION

アクアシステムズがお届けする季節便りです。
新宿御苑から徒歩1分という立地から、四季折々の景色や季節のお花の写真などをお届けしています。

新宿御苑2010年晩秋

最近ぐずついていた天気も、この日は気持ちのいい晴れ。今年は猛暑のおかげで紅葉が遅れているとのこと。園内を見回すと、紅葉している木もあれば、紅葉せずに落葉している木もあります。見事な紅葉を見るためには時期も大切ですが、年によってばらつきがあるので結局は自然任せ。ついでに言うと、今まで見た一番美しい紅葉は横浜の三渓園です。見た時間帯、その日の天候、その年の出来、 すべての要素が一つにまとまった奇跡の風景でした。

2010年 新宿御苑の紅葉写真

2010年 新宿御苑の園内写真

2010年 新宿御苑の晩秋写真

2010年 新宿御苑の紅葉写真

2010年 新宿御苑の紅葉写真

新宿御苑2010年

珍しくサギを発見しました!真っ白できれいでした。今時期は、すすきやキンモクセイがみごろです。秋の新宿御苑は、穏やかでのんびりしています。

2010年 新宿御苑の写真

新宿御苑2010年9月のみどころ

連日続いてた猛暑はどこへやら…今日は、半袖だと少し肌寒いです。本日の写真撮影は気合いを入れてのぞみましたが、タイワンホトトギスを見つけられませんでした。ですが!今日は久しぶりにお花の写真をUPします。元気になれるビタミンカラーで活力をチャージです。

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

新宿御苑2010年9月のみどころ

新宿御苑に秋の訪れを知らせる花のひとつが、薄紫色のタイワンホトトギスです。新宿御苑の日本庭園で咲いているようなので今度写真を撮ってきます。

2010年 新宿御苑の写真

新宿御苑2010年の夏 亀

猛暑日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。さて本日は、亀さんの写真です。大木戸門入ってすぐの池には、ミシシッピアカミミガメ、クサガメ、イシガメそれに、スッポン(3枚目)がおりました。

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

新宿御苑2010年の夏 花々

今日は、新宿御苑の花々の写真をUPします。1枚目は、アルストロメリアです。百合のような花の形をしています。花言葉はエキゾチック・持続だそうです。その他にも、夏らしい新宿御苑の花の写真です。 ビビットなピンクが鮮やかです。

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

新宿御苑2010年の夏 プラタナス並木

御苑のバラ園の隣には、左右に約200メートル計156本のプラタナスを4列の並木にデザインした空間があります。ヨーロッパの雰囲気あふれるロマンチックな並木道は、四季を通じて憩いの空間として親しまれています。

2010年 新宿御苑の写真

 

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
新宿御苑も夏真っ盛りです。照りつける太陽の下で、草花も眩しいです。

2010年 新宿御苑の写真

新宿御苑2010年の夏 センペルセコイア

世界で最も樹高の高い常緑高木のひとつで、100mを超えるものもあります。樹皮や心材が赤いことからレッドウッドとも呼ばれ、ウッドデッキなどの建材として日本でも利用されていました。イギリス風景式庭園の芝生広場の中央のユリノキの隣に植栽されています。

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

新宿御苑2010年の夏 タイサンボク

新宿御苑のサイトをデザインリニューアルしました。装いも新たに、日々更新していきたいと思います。さて、本日の写真は「タイサンボク」です。堂々とした樹形に大輪の純白の花を咲かせます。全国的にも人気があり庭木や他の公園などでもよく栽培されています。新宿御苑では、最も大きな花を咲かせます。

(News : 写真右下にあります「はてなブックマーク」登録のご協力をお願いしています)

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

新宿御苑2010年の夏 森林浴

今日は休園日なので、先週の写真をUPしています。新宿御苑の母と子の森の写真です。「母と子の森」は 街に住む子供たちが新宿御苑に残された自然にふれあうことができる場所として1985年から整備されてきた場所です。サクラ、プラタナス、イロハモミジなど、もともと生育していた環境をできるだけ保全し、さらにクヌギ、コナラなどを移植して雑木林を復元しました。
「母と子の森」の中にあった子供プール跡地を、生き物が住むことができるような池として復元再生したところ、ヒキガエル、アメリカザリガニ、ギンヤンマ、シオカラトンボなどの生物は園内の他の場所から移動してきました。人の管理と自然が持っている復元能力とうまくバランスして出来上がっている環境は、ボランティアの人によって支えられています。

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

新宿御苑2010年の夏 七変化

梅雨の楽しみの一つはアジサイの花の七変化です。紫陽花の花言葉は「移り気」だそうですが、アジサイの色の変化を楽しむのも、風情があります。

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

新宿御苑2010年の夏 アメンボ

はじめて生き物の写真を捉えることができました。しかも、環境の変化を私たちに教えてくれる環境指標生物のアメンボです。バラ園の写真を撮り終え、本日の撮影は終了とカメラをしまう帰り道、カメラを持った年配の方が熱心に池で何かを撮影しているので、その先に目をやってみると、たくさんのアメンボを発見。波紋が奇麗に浮き出て感動しました。上のメイン画像(季節の花と庭園に暮らす生き物の背景にある写真)の池です。

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

新宿御苑2010年の夏 あじさい

ユキノシタ科のカシワバアジサイです。カシワのような葉をしていることから名前が付きました。円錐形の白い花を咲かせます。秋には葉が紅葉します。

2010年 新宿御苑の写真

2010年 新宿御苑の写真

新宿御苑2010年の夏 樹木

A Rolling Stone gathers No Mossという言葉があります。このことわざには「落ち着きなく動いてばかりいると苔も生えない」の意味と、「活発に動いていないと苔が生えてしまう」の両方の解釈があるそうです。イギリス的発想か、アメリカ的発想かといったところですね。

2010年 新宿御苑の写真

このトピックスについて

みなさんが活躍する社会は、知識基盤社会といわれています。この社会は変化が激しく、仕事をする心構えとして、つねに新しい未知の課題に試行錯誤しながらも対応することがもとめられます。新しい製品やサービスの開発では、未知の課題に取り組むことも必要とされます。
 かつて、工業によって産業構造を変革した産業革命に対して、現代は情報革命の時代といわれ、物や資産、資本などの財力に代わり、知識や情報が優位となる社会です。インターネットや携帯の普及にともない、私たちが目にする情報量は膨大です。このような情報過多の時代では、情報不安症やデジタルデバイドといった問題も深刻になっています。
 日常が忙しくなると、私たちは、季節や花を愛でる心の余裕が無い気がします。アクアシステムズは、情報ストレスを抱えた現代社会に対し、一歩ひいて俯瞰できるような、ゆとりや気づきは、仕事をする上でも非常に重要であると考えています。このコンテンツを通して、四季を感じて頂ければ幸いです。


Copyright © Aqua Systems,Inc. All Rights Reserved.