ニュース

データベース監査ツール「AUDIT MASTER」が Amazon Aurora クラスター監査 に対応

 

データベース監査ツール「AUDIT MASTER」が Amazon Aurora クラスター監査 に対応
~Amazon RDS のすべてのデータベース監査環境対応を実現~


 株式会社アクアシステムズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:赤間 保、以下アクアシステムズ)は、 Amazon Aurora クラスター監査に対応した、データベース監査ツール「AUDIT MASTER」バージョン 3.0.10 のリリースを発表しました。
 MySQLデータベースと互換性があり、コマーシャルデータベースの性能と可用性、オープンソースデータベースのコストパーフォーマンスの両面をそなえた、 Amazon Aurora (with MySQL Compatibility) の クラスター監査 (advanced auditing) に対応。
 Amazon Aurora クラスター監査は、データベースのパフォーマンスに与える影響を最小限に抑えながら、より精錬された監査ログ出力機能を有しています。
 従来の MySQL 標準である general log を使用した監査に加え、Amazon Aurora クラスター監査に対応することで、Amazon Auroraユーザーの監査やセキュリティ要件を高いレベルで満たすことが可能になります。


■「AUDIT MASTER」について
 「AUDIT MASTER」は、データベースが提供する監査機能やトレース機能を使うことで、ローカル操作や管理者操作も含めた データベースの操作ログを取得し、不正操作の検知や監査証跡レポートによるモニタリングを支援する、データベース監査ソフトウェアです。
 データベースに対して直接行われる管理者の操作や暗号化された通信などといったあらゆる経路、タイプの操作について、 操作ユーザー情報や操作SQLクエリを含め必要な情報を取得することができます。また対象データベース側にエージェントや アプリケーションを入れる必要がなく、クラウド環境、Amazon RDS、Microsoft Azure SQL Databaseなどのデータベースサービス (DBaaS) にも 対応可能な、唯一のソリューションです。
 「AUDIT MASTER」は、業種業態や企業規模を問わず、個人情報保護法、JSOX、PCI DSS、FISCなどへの対応と、 データベースセキュリティの実現を目指す多くの企業団体に採用されています。
 ◇製品ご紹介ページ

◇監査対象データベース
 Microsoft SQL Server 2005, 2008, 2008 R2, 2012, 2014, 2016
 Oracle Database 10.1.0, 10.2.0, 11.1.0, 11.2.0, 12.1.0, 12.2.0
 MySQL 5.1.16 以上、MariaDB 5.1.16 以上
 PostgreSQL 9.5以上
 ※クラウドデータベースサービス (DBaaS)
 Amazon RDS (Oracle, SQL Server, MySQL, MariaDB, PostgreSQL, Amazon Aurora)
 Microsoft Azure SQL Database
 Nifty RDB MySQL
 Oracle Cloud


■株式会社アクアシステムズについて
 株式会社アクアシステムズは、1998年創業以来、データベースに特化した技術者集団であるとともに、 チューニング・監査パッケージソフトウエア開発・販売を行っています。
 データベースの設計、構築、運用、チューニング、セキュリティ・監査対応支援等、豊富な経験と専門的なノウハウに 基づいたコンサルティングサービスを提供しています。
 主力製品:
  データベース監査ツール 「AUDIT MASTER」
  Oracleチューニング&監視ツール 「Performance Analyzer 4」

■本件に関するお問い合わせ先
 株式会社アクアシステムズ Sales Division 営業・プリセールスグループ
 Tel: 03-6388-9299 Fax: 03-6862-6684 E-mail: info@aqua-systems.co.jp
 *本文中に記載されているブランドまたは製品、会社名は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。敬称は省略しています。